アドセンス税務情報のやり方を簡単に分かりやすく解説!やらないと大損?

スポンサーリンク
GoogleAdSence-の税務情報-出さないと大損_ 暮らし

先日グーグルアドセンスを開いたら、ホーム画面に以下のような案内がありました。

 

重要: 他の税務情報が必要かどうかをご確認ください。
お支払いの源泉徴収を正しく行うため、
すべての YouTube クリエイターとパートナーの皆様に、
税務情報を提出していただく必要があります。

 

調べてみると、Googleは動画配信サイト「YouTube」の投稿者=Youtuberに対し「税務情報の提出を義務付けした」とのことです。

この税務情報の提出をしないと最大で24%税金として収益から引かれてしまうので、振込額が大きく減ってしまうので非常にもったいないです!

 

なので、Youtubeで収益化をしている全ての人たちは、必ず提出しましょう。

 

 

「アドセンス税務情報のやり方を簡単に分かりやすく解説!やらないと大損?」ということで、なるべく分かりやすくまとめてみましたので紹介していきます。

Amazonで買ってよかったスマホガジェット

スポンサーリンク

アドセンス税務情報の提出をしないとどうなる

 

アドセンスの税務情報の入力に関して簡単にまとめるとこうなります。

 

・税務情報を提出しないと、収益の24%を税金として引かれてしまう。
・提出すれば日米の「租税条約」に基づいて、引かれる税金は0となる。
・2021年の5月31日までが期限。

 

となります。

日本在住で日本人向けのコンテンツを作っているクリエイターだとしても、世界に向けて発信していることになりますので、必ず提出しましょう!

 

スポンサーリンク

税務情報の提出の際に必要なものは

 

アドセンスの税務情報の提出に必要なものは以下の通りです。

 

マイナンバー
・居住している国、住所の情報
・自分の名前

 

これだけです。マイナンバーカードが必要になりますので、準備をしておいてください。

 

 

スポンサーリンク

税務情報の入力手順について

 

ここからは、アドセンス画面の税務情報の入力手順について解説していきます。

 

税務情報を管理

 

グーグルアドセンスにログインすると、ページTOPにメッセージが表示されているので

「税務情報を管理」をクリックしてください。

「お支払い」→「設定」→「設定を管理する」→「アメリカ合衆国の税務情報」からもアクセスできます。

 

 

おそらくほとんどの方が個人だと思うので、今回は個人向けの手順で紹介します。

 

米国の税務情報

 

「個人」を選択します

 

「いいえ」を選択します

 

W-8納税申告用紙タイプを選択

 

 

「W-8BEN」を選択し次へ

 

 

文言が変わり「W-8BENフォームの記入を開始する」になるので選択

 

納税者番号

 

 

 

①「個人名」ローマ字で入力します

②「DBAまたは事業体」個人の場合は入力しなくても進めました

③「国籍」日本を選択

④「外国のTIN」マイナンバーを入力します

 

定住所

 

 

 

日本で税金を払うときの住所をローマ字で入力します

 

租税条約

 

 

 

「はい」を選択

下の【米国との租税条約の適用のある国の居住者】にチェックを入れます

「日本」を選択します

 

 

特別な料率や条件

 

 

 

ブログのアドセンスのみをやっている人は「AdSence」を選択します。

Youtubeをやっている人は「AdSence」「Youtube、GooglePlay」の両方を選択します

“条項と段落”と”源泉徴収率”の項目はプルダウンすると選択する項目は1つしかないので、

それぞれ表示されたものを選択すればOKです

 

書類のプレビュー

 

 

チェックを入れて「次へ」をおします

 

納税証明

 

 

署名欄はローマ字で名前を入力します

うえの「はい」お押します

 

米国内で行っている活動とサービス、および宣誓供述書

 

 

これまでに米国内でGoogleを対象にした活動を行ったことがあれば「はい」

恐らくほとんどの方は「いいえ」だと思います

最後に送信をして終わりです

 

スポンサーリンク

さいごに

 

アドセンス税務情報の手順について紹介しました。

修正箇所があれば随時更新していきます。

期限がありますので、なるべく早めに登録しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました